NEW OPEN!<ふたくち>は博多織の織元が手がけるセレクトショップ

TOPICS

NEW OPEN!<ふたくち>は博多織の織元が手がけるセレクトショップ

ラシック福岡天神 サウスゾーンに、9/1(金)にオープンした<ふたくち>をご紹介します。2018年 2/28(水)までのポップアップショップです。

<ふたくち>は、粕屋郡宇美町に本社を置く、博多織の織元<森博多織>によるセレクトショップ。明治29(1896)年に創業し、伊達締や帯、和装小物など多彩な博多織製品を生み出してきた同社が手がける、機能的で美しい和の雑貨、美と健康をテーマにしたオリジナルアイテムやセレクト商品を取り揃えています。店名の<ふたくち>は、口が二つ重なった森博多織の家紋に由来します。

博多織といえばやはりこの「献上柄」。筑前福岡藩初代藩主である黒田長政公が、幕府に帯と反物を毎年献上していたことから生まれた柄で、博多織というとこの柄を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。※写真は「博多織トートバッグS」(各3,780円)。

同じく献上柄の「もりのおりひめポーチ」(各1,944円)は、コロンとした形が可愛らしいうえ、収納力も抜群。トートバッグもポーチもポリエステル素材を使用していますので、お手入れしやすく、日常使いにぴったりです。

「博多献上ペンケース」(写真右 各2,376円)、「博多織 角帯[男帯]ペンケース」(写真左 各1,944円)は、帯などに使われるシルク素材を用いたペンケース。上質感の漂う大人のためのペンケースです。

「博多献上 印鑑入れ」(写真左 各756円)や「博多献上 がまくち」(写真右 各1,620円)も、絹でできた博多織の帯地を使用しています。小ぶりなサイズですが、バッグの中でも存在感を発揮しそうなアイテムです。

バッグやポーチのアクセントにおすすめしたい「博多織献上 キーホルダー」(各540円)。価格もお手頃ですので、福岡のおみやげにも最適。ほかにもボディの部分に博多織をあしらったボールペンやシャープペン(各540円)も人気です。

献上柄のほかにも、博多織は多彩な柄があります。こちらの「博多織 名刺入れ[ボックス形](各3,456円)」は、花鳥柄や格子模様、縞模様などモダンな印象の柄は幅広い世代にフィットしそうです。

手帳型の「博多織テキスタイル スマートフォンカバー」(各5,184円)もご用意。スマートフォンを使うたびに、博多織のなめらかな手触りを感じることができる一品です。

こちらは、博多織の帯地をあしらったバッグ。「二口トートバッグ」(写真左 59,400円)、「二口ショルダーバッグ」(写真右 54,000円)、どちらも軽くしなやかな馬革を用いており、上質感が漂います。

博多織のアイテムのほかに、同じ福岡県の織物として久留米絣の雑貨も取り扱っています。久留米絣特有の柄を生かしたバッグや小物、ストールなどが並びます。

こちらのパスケース(各1,728円)は、博多織と久留米絣の両方をご用意しています。色や柄も豊富ですので、女性はもちろん、男性にもおすすめです。

そして、美と健康をテーマにしたライン<つや肌>にもご注目を。博多織の織元として絹を長年扱ってきた経験をもとに約10年をかけて開発した、シルク素材の商品をラインナップしています。

洗顔時のマッサージにおすすめの「絹のうるおいミトン」(各756)や、体を洗う時に使う「絹のボディタオル」(各2,484円 ※ミニサイズは864円)など、シルクを贅沢に使ったフェイス・ボディケア商品が<つや肌>の中心となるアイテム。水に浸すと柔らかくなり、弾力性も感じます。

「博多献上 絹タオルハンカチ」(各540円)は柔らかく吸水性に優れたハンカチ。ふんわりと柔らかな手触りは絹ならではです。

雑貨から美にまつわるアイテムまで、博多織や絹製品の魅力を詰め込んだ<ふたくち>。ご自身用にはもちろん、ギフトに最適な商品も数多く取り揃えていますので、ぜひ店頭でご覧ください。

ふたくち(TEL 090-7473-2600)
※記載の価格はすべて税込です。